Message

2019.06.16 石ころからアブラハムの子へ

投稿者
tcc
投稿日
2019-06-18 11:28
閲覧数
1876

マタイ3:9神はこれらの石ころからでも、アブラハムの子を起こすことができる」。
「石ころ」とは何なのか。「アブラハムの子」とは「だれ」なのか。黙示録21章に、天のキリストの花嫁(都)は「輝きのある宝石のようだ」(11)とある。「石ころ」は、輝きのないただの石という意味である。次に、「アブラハムの子」だが、もともとアブラハム夫妻には子がなかった。彼の父テラの死後、神が彼に声をかけられた。父の家を出なさいと。彼が神に従順して家を出て500キロほど進んだ時、「あなたの子孫にこの地を与える」と神が言われた。だが10年経っても子は与えられなかった。そこで夫婦は、若い仕え女ハガルによってアブラハムの子を産ませた。それがイシマエルである。それから13年が経った。アブラハム99歳、妻サライ89歳。この時神が言われた、「わたしは全能の神である。わたしの前に歩み、全き者であれ。妻サライに男の子を授ける。イサクと名づけなさい。イシマエルについては、彼を祝福し、子孫を大いに増す。しかしわたしはイサクと契約を立てる」(創世記17章)と。
パウロはガラテヤ4:22-23で、「アブラハムに二人の子があった。一人は女奴隷(ハガル)から生まれ、一人は自由の女(サライ)から生まれた。女奴隷の子(イシマエル)は肉によって生まれ(人間的な方法で)、自由の女の子(イサク)は約束によって生まれた」と言い、30で、「女奴隷の子(イシマエル)は、自由の女の子(イサク)と共に相続をしてはならない」の、みことばを引用している。
 つまり「アブラハムの子」とは、肉(人間的)の子ではなく、神の約束によって生まれた子のことであり、神とアブラハムの契約を相続するのは、前者ではなく後者の方であるということになる。では、この事をわたしたちに当てはめると、どうなるのかイエスはヨハネ3:3と5で、「だれでも新しく生まれなければ、神の国を見ることはできない。水と霊とから生まれなければ、神の国に入ることはできない」と言われた。イサクが神の約束によって生まれたように、わたしたちも約束の聖霊(使徒1:4-5)を受けて、聖霊に霊魂が支配されていくなら、聖霊の働きによって、霊魂が「肉の子」から「神の子」へと変えられていく(コリント第二3:16-18)つまり神の相続人となる(神の国を受け取る)と言うことになる(ローマ8:14-17)。「肉の子」が「神の子」に変わる。
合計 233
手順 タイトル 投稿者 投稿日 推薦 閲覧数
233
2022.09.11 クリスチャンにとっての三番目の醍醐味
tcc | 2022.09.22 | 推薦 0 | 閲覧数 12
tcc 2022.09.22 0 12
232
2022.09.04 エペソ1章が語る醍醐味
tcc | 2022.09.22 | 推薦 0 | 閲覧数 10
tcc 2022.09.22 0 10
231
2022.08.28 主に寄り頼む者はさいわいである
tcc | 2022.09.06 | 推薦 0 | 閲覧数 28
tcc 2022.09.06 0 28
230
2022.08.21 人生の醍醐味
tcc | 2022.09.06 | 推薦 0 | 閲覧数 18
tcc 2022.09.06 0 18
229
2022.08.14 醍醐味を味わう人生とは
tcc | 2022.09.06 | 推薦 0 | 閲覧数 18
tcc 2022.09.06 0 18
228
2022.08.07 みことばの実を結ぼう
tcc | 2022.09.06 | 推薦 0 | 閲覧数 16
tcc 2022.09.06 0 16
227
2022.07.10 目標のある生き方
tcc | 2022.08.12 | 推薦 0 | 閲覧数 51
tcc 2022.08.12 0 51
226
2022.07.03 やみのうちを歩くことがなく、命の光をもつ
tcc | 2022.08.12 | 推薦 0 | 閲覧数 56
tcc 2022.08.12 0 56
225
2022.06.26 主に寄り頼む者はさいわいです
tcc | 2022.07.08 | 推薦 0 | 閲覧数 112
tcc 2022.07.08 0 112
224
2022.06.19 わたしたちには父がいて母がいる
tcc | 2022.07.08 | 推薦 0 | 閲覧数 104
tcc 2022.07.08 0 104
223
2022.06.12 神のために歩む人生
tcc | 2022.07.08 | 推薦 0 | 閲覧数 100
tcc 2022.07.08 0 100
222
2022.05.29 聖霊を求める人に聖霊は与えられます
tcc | 2022.06.15 | 推薦 0 | 閲覧数 124
tcc 2022.06.15 0 124
221
2022.05.22 聖霊と信仰
tcc | 2022.05.27 | 推薦 0 | 閲覧数 166
tcc 2022.05.27 0 166
220
2022.05.15 力と愛と慎みの霊
tcc | 2022.05.27 | 推薦 0 | 閲覧数 163
tcc 2022.05.27 0 163
219
2022.05.08 旧・新イスラエル再建の預言
tcc | 2022.05.19 | 推薦 0 | 閲覧数 193
tcc 2022.05.19 0 193